今月お金がない

給料日前でお金がない!

少しは最近になって、ベースアップされて来ているとうニュースを目にしているので給料は上がっているのでしょうが実感している人は大企業の社員だけではないでしょうか。
ほとんどのサラリーマンは毎月の生活に追われて、貯金する余裕もなくていっぱいいっぱいの生活を送っている人が少なくないと思います。

 

そういう時に、急にお金が必要になった時にはどうすればいいのでしょうか?
今月の給料日前にお金がない・・・
こういう時に限ってお金が必要な時はあるものなのです。

 

ちょっとしたお金がなくて困ったことありませんか?

 

 

お金が必要な場面はいろいろあると思います。
親戚や友人などの冠婚葬祭などは、なかなか欠席という訳にはいかないと思います。
また、病気になって通院や入院などになった場合には必ずお金を用立てなくてはなりません。

 

まとまったお金でなくても給料日前に財布の中が寂しい場合には、ちょっとした出費でも困るものなのです。
そういう場合には、会社の付き合いでのちょっとした飲み会などでも行くには厳しいものがあるかもしれません。

 

男性の場合に限らず女性の場合であっても、いまではあまり自炊して節約していく意識が昔と違って薄いと思います。
女性でも一人で外食していても昔程違和感はありません。

 

外食というのはお金がかかるとわかっていても、食生活だけは面倒さもあってついつい外食してしまうものなのです。
こういう生活をしていてはなかなか貯金などをすることは難しいですし、毎月の生活費だけで給料を使い果たしてしまうかもしれません。

 

働いていてある程度稼いでいても、楽になる事はあまりないのです。
そんな状況にあって、急な出費があると本当に困ってしまうものだと思います。

 

給料の前借りなんて出来ればいいですが、そんなことは今では難しいのではないでしょうか。
そういう場面がやってきたらどう切り抜けていけばいいのでしょうか?

 

身近の人が入ればお金を借りる事も可能でしょうが、いなければ自分一人でどうにかやっていかなければなりません。

 

 

金欠の時は金融機関の「カードローン」から借りる

誰にも借りる事が困難な時には、金融機関でやっています「カードローン」を利用してみる事がいいと思います。

 

カードローン」は、無担保で個人宛にお金を融資してくれるものです。
貸し付け限度額内においては何回でも借りる事が可能になっています。
また目的別ローンとは違い、車や教育などの目的に制限される事なく何にでもお金を使う事が可能なのです。

 

ですから例え、飲み会の代金としてもいいですし生活費としてお金を借りてもいいのです。
ただし、生活費としてお金を借りる事は可能なのですがあまりおすすめいたしません。
生活費として借りてしまうと、どんどん借金が重なる可能性があるからです。

 

これから給料が増えていく傾向だとわかっていればいいのですが、今の時代は先はまったく読む事が出来ません。
たとえこの先、景気が良くなると言われていても信じる事はあまり出来ないからです。

 

この場合の防御策はあまりお金の借入額は少なくしておく事です。
一時金としてお金を借りるのならばいいのですが、生活費とお金を借りる事は気をつけなければなりません。

 

生活費以外ならば、車検や冠婚葬祭、通院や入院などではどうしても支払いしなければいけないものですからこういう時には金融機関の「カードローン」を利用するべきだと思います。

 

カードローン」の申し込みは簡単です。
インターネットから入力や選択をしていけばいいのです。
以前は郵送でした運転免許証や健康保険証などの本人確認書類のコピーも今では、写メに撮ってメールなどで送付してもいいところが増えてきました。

 

煩わしい窓口での申し込みではなくて、家にいながらして申し込みが出来る時代になっているのです。
これならば申し込みも楽ですよね。
また人に見られる事がないので、知人に見られる心配もないのです。
お金を借りる事は誰にも秘密にしておきたいものですよね。

 

申し込みの後には、審査があります。
この審査を通るとお金を借りる事が出来るのです。
審査はどのような事がされているのかは公表されていませんが、一般的には他の金融機関の借入額や過去における返済履歴などが調べられると言われています。

 

過去履歴ではきちんと返済期日にお金を納めているかどうかをみられるみたいです。

 

審査が通れば早いところでは、即日での融資が可能になっています。
今月の給料日前での急な出費がある場合には、即日融資は大変役に立つと思います。

 

これからの時代は、少ない給料で節約する事も非常に大切ですが急な出費のためにもあらかじめ準備しておく事も必要なのです。

 

金融機関の「カードローン」は今ではいくつもの種類があります。
選ぶ基準は人それぞれですが、低金利なことはもちろん借り入れ限度額や返済のしやすさなども考慮して決めた方がいいと思います。

 

くれぐれも簡単に借りられるからといって、高い金利のところか借りる事だけは避けなければなりません。

 

では、そのカードローンがいいの?

 

今月お金がなくて困った時こそ、有利な仕組みのカードローンを選ぶべきです。

 

今は、30日間無利息のカードローンがありますから、約1か月間なら、利息なしで借りることができます。

 

そうすれば、次のお給料日まで、金欠を回避することもできます。

 

30日間無利息サービスを実施しているのは、プロミスとアコムです。

 

無利息サービスは、アコムは契約がはじめてで、返済期日35日ごとで契約の方、プロミスはメールアドレス登録とWeb明細利用登録の方が対象です。

 

プロミス、アコムともに安心して利用できるカードローンですが、あえて選ぶならより低金利のプロミスがおすすめですね。

 

  おすすめ 実質年率 融資額 審査時間
プロミス 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短30分
プロミスレディース 4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 最短30分
アコム 4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 最短30分

※審査時間は目安です。状況により前後します。

 

http://www.majnoun-film.com/ http://www.zetadanee.com/ http://www.longhuilong.com/ http://www.gilbreac.com/ http://www.thefatlosscenteronline.com/ http://www.newlifechanger.com/ http://www.quantumgardener.com/ http://www.labustiadepaper.net/ http://www.proplrcontent.com/ http://www.suzukilakeland.com/